我が街に雪降る

三重県の南部に位置する温暖な我が街は、滅多に雪は降らない。

昨日から、雪の予報は出てはいたが、なんと本当に雪が降った。
否、降ったのではなく降っているのだ。

今年は、北国では雪が多く、
難渋しているのを、気の毒に思っていたが、
幻想的なダークな空から降りてくる雪の中に立つと、
子供のように心が躍る。

朝、雨戸を開けると。

画像


朝食もそこそこに、相棒は地元の山へ、野良は自宅裏の川べりを遡り。

野良が歩いた自宅裏の勢田川支流。

画像


画像


画像


画像


朝熊ケ岳(相棒の写真より)

画像


画像


画像


画像


画像


おまけ

自宅前の公園で雪合戦の用意をしている子供たち。

画像


画像



「おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に」だなと、
初雪を楽しんだ。











この記事へのコメント

この記事へのトラックバック