クロアチア・スロヴェニァ・ドロミテ山群ハイキング(2)・・・ザグレブ

6月24日(月)~6月25日(火)

欧州方面の出発時間は午前中が多いが、集合16時40分、午後の出発になっているので、
いつもの出発時の慌ただしさはない。
それでも我が家から中部空港は遠い。早めに昼食を取り家を出た。

画像


今回、初めてカタール航空を利用する。
まず国内線で成田へ。ドーハで乗り換えクロアチアの首都ザグレブへ。
ザグレブから車で港町リエカへの予定になっている。

ドーハ空港は、機体に乗るときも、降りた時も全てバスで移動する。
シンプルで分かり易く、歩きやすい空港だった。

ガラス越しに風景を撮る。
塀の外のドーム型や円錐型の屋根にイスラム圏に来たことを感じる。

画像


2Fの待合室風景。
右側の壁にコンセントがはめこまれているので、座り込んでパソコンをしている人が何人かいた。

画像


簡単な軽食が取れるレストラン、カフェテリァ、免税店他
有料ラウンジ、礼拝所等もあった。
ここで4時間過ごさなければならない。

成田からドーハ約9時間、ドーハからザグレブ約5時間半。
カタール航空の機内食は良いと聞いていたので楽しみだったが、身動きのできない状態で、
次々と食べ物を与えられるのは、ちょっとブロイラー気分になる。

ザクレブ上空より。
メルヘン的な赤い屋根が見えてきた。

画像


日付変更線を越え、この国は夏時間を使っているので、時計を右に左に回し、
14時10分ザグレブに着いた。

ザグレブはクロアチアの首都だが、日本の地方都市のようなかんじだった。

画像


画像


街のシンボル的存在、聖母被昇天大聖堂。

画像


画像


画像


画像


画像


1991年6月25日、それまで連邦を構成していたユーゴスラビア共和国からスロヴェニアと共に独立した。
私たちが訪れたのは、独立記念日の翌日だったが、国旗を掲げたりイェラチッチ広場では何か催し物があったのだろうか、取り壊し中のパイプの足場が残っていた。

画像


住民の足トラム

画像


街の中心地を2時間ほど見物後、今夜の宿泊地リエカへ。

画像













この記事へのコメント

この記事へのトラックバック