内宮遷御 神様のお引越し

10月2日(水)

平成Ⅰ7年山口際から始まった第62回式年遷宮も、いよいよ大詰めになった。
Ⅰ300年以上の歴史を持つ神事は今夜クライマックスを迎える。

今日は内宮で新しい正殿にご神体をうつす遷御が営まれる。
外宮(豊受大神宮)は5日夜、同様に遷御が行われる。

20年間慣れ親しんだ現正殿にお別れに出かけた。

画像


画像


御手洗場

画像


滝祭神

画像


風日祈宮

画像


特別奉拝席
このような席が現正殿新正殿の前に3000席設けられていた。

画像


現正殿から新正殿に雨儀廊がつけられていた。(ご神体が雨に濡れないように設けた屋根)
その距離約80m、今夜、神様はゆっくりと亘られるらしい。
現正殿

画像


画像


新正殿

画像


画像


御稲御倉(みしねのみくら)

画像


外幣殿(げへいでん)撤下された神宝を保管する倉

画像


新・現並んだ荒祭宮

画像


宇治橋で臨時祭主黒田清子さんの乗られた車

画像


今夜の放送の用意をしているテレビ局の人達。
どの局の人達も礼服を着用していた。

画像


神宮は不思議な世界だ。
人が居ても居なくても精々しい。

外国の神殿は永遠を表すため石で造り遺跡になった。
伊勢神宮は木で20年ごとに建て替え永遠を表現、常に生まれたまま現在にいたる。

無神論者ではないが特別神を信じている者でもない。
だが伊勢に生まれ伊勢に育った私は神宮は誇らしい。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック