迎 春

あけましておめでとうございます。

今まで、控えめに受身の形で生きてきたが、
今年からは強く生きてゆく。

今まで、ゆつくり生きてきたが、
少々、歩を早めて。

決意するのに遅いと云うことはないだろう。

画像



今日の詩は
昨年、注目を集めた99歳の詩人
柴田トヨさんの詩集「くじけないで」より

秘密

私ね死にたいって
思ったことが
何度もあったは
でも詩を作り始め
多くの人に励まされ
今はもう
泣き言は言わない

九十八歳でも
恋はするのよ
夢だって見るの
雲にだって乗りたいわ


看護師やヘルパーの助けを借りながら
独り暮らしをつづけているという。
今を認め 前向きに生きる
しなやかな力。

恋をしたり、夢を見たり、
その上、
雲に乗りたいという、99歳の柴田トヨさんの、
瑞瑞しい感性に 触発された。














"迎 春" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント