雅に、伊勢神宮秋季神楽祭

九月二十二日~二十四日、恒例の神宮神楽祭が
内宮神苑特設舞台で、
雅に、華やかに催された。

『神宮の神楽祭は、天照大御神の御神徳を宣揚し、
併せて雅楽を広く一般に公開する目的をもって、年に二回、
春と秋に行っています。(神宮舞楽解説による)』

画像


振鉾(えんぶ)

『舞楽にあたり初めに奏されます。
振鉾は古代中国の故事に由来し、
左方と右方の舞人が、鉾を振り天地を鎮め安んじて、
天下泰平を言祝ぐめでたい舞楽です。』

画像


迦陵頻(かりょうびん)

『極楽に住んでいるという鳥、迦陵頻伽の舞い遊ぶ様を現したもので、
インドに起源をもち、
わが国へは奈良時代に伝えられたといわれています。
また子供の「童舞」とされ、神宮では舞女が舞います。』

画像


画像


狛鉾(こまぼこ)

『わが国で作られた舞楽です。
上代に高麗(朝鮮半島)より来航した船が
五色に彩った棹を振りながら、入港してくる様子を表しています。』

画像


画像


長慶子(ちょうげいし)

『平安時代中期の雅楽の名手、源博雅の作曲と伝えられます。
よく整った格式の高い曲とされ、
舞を伴わないものの舞楽曲に分類される、
特殊曲です。』

笙・篳篥・龍笛・鞨鼓・太鼓・鉦鼓・高麗笛・三ノ鼓等、を、
奏する人たちの衣装もあざやかです。

画像


午前の部は、終了、
退出も華やかだ。

画像


画像


私達は24日、
爽やかな空の下で、美しい時間を過した。












"雅に、伊勢神宮秋季神楽祭" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント