クロアチア・スロヴェニア・ドロミテ山群ハイキング(5)・・・ゴリツァ山

6月28日(金)

ゴリツァ山(1835m)

画像


今日からいよいよハイキングになる。
気になる天気は?とカーテンを開ける。アーァ重たい気分・・・。

画像


ツアー会社の「旅のしおり」によれば、
"トリグラウ国立公園の東に位置するカセヴァンケ山脈の山麓登山口(1390m)へ。
森林帯、草原帯を登りゴリツァ山に登頂。オーストリア国境に位置する好展望のピーク。
復路は往路を戻ります。" とある。

その後、「アルプスの瞳」と讃えられるブレッド湖へ立ち寄るらしい。

標高差450m。最近1か月以上歩いていないが大丈夫・・だろう。

AM8,00集合。今日は細い林道を行くのでチャーターのバスではなく、ハイヤーが待っていた。

画像


林道を登っていたハイヤーの運転手が「これ以上進めない」と言って、イケメンガイドのユーレさんと何語かボソボソ後、少し広くなった所でバックをして、10分ほど戻った所は牧場の入口。
どうも牛の中を歩いて行くらしい。

画像


牛が怖いと言っていられない。意を決してユーレさんの後ろに着く。

画像


牧場の柵をくぐり、林の中に入る。

画像


画像


林道に出る。

6月始め雨で林道が荒れ、同じA社の6月4日出発の人たちは、麓の登山口まで延々と林道を歩いたとか。
ここへ来るまでの間が荒れているとのことだ。

画像


分岐に着く。
車が2台駐車していた。私たちが乗ってきた車、ハイヤーだから用心をしたのだろう。

画像


画像


穏やかな、歩きやすい幾つものピークを越え、

画像


右の細い線はユルイ電気が通っている。時々それを跨がなければならない。
私は神経が鈍いのかビリビリは一度も感じなかったが、オッとかギャッとか声をもらす人もいた。

画像


あと一息、山頂が見えてきた。
右に左に風景が変わり、足元に花あり、疲れはしなかったが結構な距離を歩いてきた。

画像


右、オーストリア側の風景。

画像


山頂は穏やかな草原地帯で、6月の初め頃にはナルシス(水仙)一色になるらしい。
20分休憩した後、来た道を少し戻り羊の中を下る。

画像


山小屋で昼食。

画像


花の草原地帯を抜け、ブナの森林地帯に入る。

画像


朝、出発した分岐地点に戻った。
私たちが歩いたのは周回コースだった。
なだらかな幾つものピークを越えて花の道を歩くことが出来、"すっごく得した気分"
時々青空ものぞいたし。

画像



 《ブレッド湖》

ブレッド湖はスロベニア北西部ユリアン・アルプスに位置する氷河湖だ。

画像


ブレッド城

画像


聖マリア教会(15世紀に建てられた)

画像


聖マリア教会の船着き場

画像


99段の階段を登ると教会のほか52mの塔やお土産などを置いている建物もある。

画像


画像


幸せの鐘

画像


ブレッド島との往来は、pletanaと呼ばれる手漕ぎボートかカヌーを利用する。
湖を守るためモーターボートは使用しない。

画像


最後までユリアン・アルプスは姿を現さなかった。

画像









"クロアチア・スロヴェニア・ドロミテ山群ハイキング(5)・・・ゴリツァ山" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント