クロアチア・スロヴェニア・ドロミテ山群ハイキング(7)移動日チョット道草

6月30日(日)
グロースグロックナー展望ハイキング

今日は移動日だ。
3日間滞在したホテル、居心地が良いのでもう少し滞在したいがツアー旅行ではそうもいかない。
今夜の宿泊は、イタリアのコルチナ。
わたしの初めてのヨーロッパ旅行がイタリア・スイスだった。その第一日目が奇しくもコルチナだった。
12年も前のことで殆んど覚えていないが懐かしい。

有料道路を使い、フランツ・ヨゼフス・ヘーエ(2,415m)へ。
オーストリア最高峰、グロースグロックナー東部アルプス最大のパステルツエ氷河の眺めが美しい、
ホフマンス小屋(2,442m)周辺まで往復ハイキングの予定だ。

画像


ホテルのベランダに出る。今日もいい天気だ。
おそらく来ることもないだろう。
ユリアンアルプスが美しい、景色を脳裏にプリント。

画像


画像


料金所
グロースグロックナー山岳道路は、その年の気候にもよるが、5月初めから11月初めまで開通する。(有料)

画像


グロースグロックナーはたいへん魅力のある山で、今も昔も多くの人々を惹きつけ、1850年、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ一世は皇妃エリザベートと共に、この山の氷河を見物に訪れ、ハイリゲンブルートから4時間かけて、皇帝夫妻はひとつの鞍部に達し、ここが「フランツ・ヨーゼフス・ヘーエ」と呼ばれるようになった伝えられている。

画像


画像


レストラン、土産物店等があり沢山の見物人でにぎあっていた。
殆んどの人が此処まで。

画像


船のモニュメントがあった。

画像


画像


登山道はレストランの中を通り裏口のようなところへ出る。
素掘りトンネルがありその中を行く。
トンネルの外側にも登山道はあるが私たちは安全第一である。

画像


最後の6番トンネル。
リーダーがトンネル外側を少し様子を見に行くが、安全第一を取る。

画像


安全な登山道がつけられている。
どの辺りまでかわからないがホフマンス小屋まて゜は大丈夫らしい。

画像


画像


ホフマンス小屋

画像


小屋を下に見ながら昼食

画像


帰路は往路をとる。


アイベックス

画像


マーモット

画像


休憩を入れて3時間ほどのハイキングだった。

ユーロ圏の国の間では国境検問所はない。
朝、スロヴェニアを出たバスは、3つの国を快調に走って4時過ぎイタリアのホテルに着いた。

画像


画像


長期滞在型のホテルなのかゆったりとしている。

画像


画像


画像



夕食まで時間があったので街を1時間ほど歩いた。

画像


画像


画像


画像


画像


画像












"クロアチア・スロヴェニア・ドロミテ山群ハイキング(7)移動日チョット道草" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント