郷土が生んだ国際前衛詩人の碑 (北園克衛)

伊勢からも全国的な詩人がけっこう出ている。 北園克衛・岩本修蔵・森美千代・伊良子清白・竹内浩三等々・・・・・ 赤福の八朔餠に並びに行き、帰りに北園克衛の詩碑を写してきた。 場所は、国道23号線、内宮寄りに建っている。 ほとんどの地元の人も知らない。 シンプルでモダンなデザインだ。 BLUE  (抄)  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真展

昨日、今日と暑い日が続いている。 避暑のつもりで、写真展を開催しているデパートに出かけた。 少し遠いが電車に乗るのも、たまには楽しい。 約一時間、目的地の駅に立つ。 最近はどこの駅前も閑散として寂しい。 駅から2、3分の処、2階のかなり広い一角に 「鈴鹿山脉・四季写真展」と銘打って会場はあった。 この写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よろよろと明神岳(1,432M)

足の調子か゜悪く今年は4月まで何処にもいけなかった。 五月から、近くの200M級の山で足慣らしをしている。 最近少しづつ歩く距離を伸ばし5時間ぐらいなら大丈夫と、 遠出をする事にした。 サテ、何処へ行くか? 相棒は飯南辺りを薦めるが、大峰・台高にして欲しい。 本当は弥山に行きたいのだが、無理だと言うので、明神平に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

町民の山、音無山(119,8m)

爽やかな朝だ。 久し振りに山に行こうと用意をするが、梅雨の晴れ間は忙しい。 あれやこれやと家事、雑事を片付けている間に午前が終わってしまった。 午後になると空の機嫌が悪くなってきた。 朝熊山の予定を、4月13日訪れた音無山に変更する。 朝熊山(朝熊ガ岳が正式名だが朝熊山と言っている。)が市民の山なら 音無山 (119…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金曜日

金曜日はお隣さんの、別居しているお孫さんのお泊まり日だ。 お婆ちゃまは、「上の子は甘いものが好きで、下の子は辛いものが好きで・・・」と孫さんの好物作りにいそがしい。 多分、街中のマンションに住んでいるのだろう。 孫さん達は来るとすぐ公園に走って行く。 子供の声が、公園に響くのはいいものだ。 公園     …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほたる

まだ始めたばかりだが、運動不足を解消するため、夕食後歩いている。 PM7時30分ころから約50分、汗がじんわり出てくる。 コースは河川敷道路とでも言うのだろうか、最近改修した川沿いの道を1/3、農道を1/3強、残り町中を歩く。 その農道に掛かったとき、一緒に歩いていた相棒が「オッほたるヤ」と足を止めた。 草むらの中でピカッピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の詩集・詩誌

洞口英夫(思潮社) 闇のなかの黒い流れ 大西正樹(草子舎) イン・ザ・プール 葦29号(葦工房) 村井一朗 Mさんより葦29号いただく。 今日は他のことで忙しかったのでまだページを開いていないが、毎回シリーズ物の高校生四人集と清水信氏のエッセイがたのしみだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公園

我が家の前に公園がある。 的場公園という正式な名前があるが、汽車公園でとおっている。 ブランコ・すべり台・シーソー・鉄棒、そしてセメントで造った汽車が真ん中に座っているだけの小さな公園だ。 最近子供たちが遊んでいるのを見ない。公園を利用するのは学校帰りの中学生。河川工事のオジサンたちの昼食場所として。そして私。 誰もいな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星明りの村

最近、知人がおもしろい本を出した。 題名も内容も製本も美しい。 本の名は「星明りの村」、副題に「フランス・ロマネスク聖堂紀行」とある。 「はじめに」で彼がこの本を書いた動機が書かれている。一部を引用させてもらう。  四国八十八箇所巡りや、西国三十三観音巡りをやっていて、先人の作ってくれた札所巡りもいいが、自分だけの霊場を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペイン巡礼道

ブログを開設しましたが、文明の利器に弱いわたしです。 さてどうなることか・・・ とりあえず日記だと思って書いてゆきます。 今日、学習センターで、熊野古道ガイド本、熊野古道保存等でご活躍の、尾鷲市のK氏による「私達の北スペイン巡礼紀行」と題した講演会がありました。 時々熊野古道を歩き、何時かスペインのサンティアゴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more