縞枯れ山(2403m)~茶臼山(2383m)

一ヶ月遅れのレポは鮮度感がないが、 日記代わりに(日記にもなっていないが)記しておこう。 10月27日 昨日は松本市崖の湯温泉の「薬師平茜宿」に宿泊し、 8時半に宿を出たのだが、塩尻の街中で早朝火事があり、 火は消えていたが通行規制にあう。 お蔭で出発が大幅に遅れてしまった。 昨日は、山頂まで車を乗り入れ、 高原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月の庭

納屋の側にこんな花が。 あまり納屋に行かないので、気が付かなかったが、 わび助がちょう度好い開き具合だ。 カイカイ虫(痒い痒い)が湧くので、花の無い時期は、 敬遠している椿や山茶花だが、こうして咲いていると、 風情があってよい花だ。 つわぶきもがんばっているね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渋柿やーい

干し柿作りの季節になった。 と、言っても私が作るのではない。 連れ合いの趣味のひとつなのだ。 ふつかがかりで70個から80個作る。 昨年はバケツに2杯、72個作った。 今年も、昨年買った店に行ったが、傷が多い。 と云うわけで、渋柿を求めて車を走らせることになった。 まずは玉城、ふるさと味工房アグリへ。 残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高ボッチ~鉢伏山

10月26日から28日恒例の信州にでかけた。 自宅を早く出て、午後から一山歩く予定と言う。 6月のレンゲツジ、7月のニッコウキスゲは有名だが、 高ボッチ・鉢伏山は高原だ。 しかもスカイラインを走ると聞いていたのに、 まるで林道だ。 そのスカイライン、山頂まで続いていると言う。 紅葉は見られない、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の七草・秋の七草・朝熊七草

朝熊山は土地の人々にとっては特別な山だが、 山歩きする人たちには、いま一つ人気が無い。 登山口から山頂まで続く植林が、理由のひとつだろう。 だが、こんな子に出会うととても楽しい。   アサマリンドウ   チャボホトトギス   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てふてふが

アサギマダラか゜飛び交う季節になった。 海を渡る蝶として、知られているこのアサギマダラが、 当地、朝熊ケ岳500メートル付近の花の上で、 羽を休める姿を見ることが出来る。 成虫は春から夏にかけて、 南(南西諸島・台湾)から北(信州・東北地方)へ移動し、 移動先で世代を重ねた後、秋10月頃南を目指す、健気な奴だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すすきの穂もほどけ始め曽爾高原

10月4日(火) 銀色のすすきには、まだ早いが曽爾高原に出かけた。 曽爾高原には過去四回訪れている。 前回は一昨年の九月、団体旅行の客の一人として、 天気が悪かった事だけの思い出だけしか残っていない。 その前は、06年11月23日、 中太郎~西浦峠~三ツ岩~倶留尊山頂~二本ボソ~亀山~亀山峠~中太郎 の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢神宮の宝物

静寂を求めて神宮に出かけるのだが、いつも賑わっている。 最近はこのような光景もよく見られる。 パワースポットと言うらしいが・・・・・。 これはまだ可愛い。焚き火のように手をかざしている者もいる。 人ごみを避けて、巨樹廻りをするのもおもしろい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雅に、伊勢神宮秋季神楽祭

九月二十二日~二十四日、恒例の神宮神楽祭が 内宮神苑特設舞台で、 雅に、華やかに催された。 『神宮の神楽祭は、天照大御神の御神徳を宣揚し、 併せて雅楽を広く一般に公開する目的をもって、年に二回、 春と秋に行っています。(神宮舞楽解説による)』 振鉾(えんぶ) 『舞楽にあたり初めに奏されます。 振鉾は古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は何の日

○ 二百十日 立春から数えて210日目 台風が来る頃、天気が荒れやすい。 八月下旬から九月中旬まで要注意だ。 先日の、台風12号による豪雨は、紀伊半島に甚大な被害をもたらした。 一週間前のことだ。まだ孤立地区がある。 一日でも早く復興されますように。 ○ 愛国者の日    「アメリカ合衆国」2002年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風にもめげず

台風12号の豪雨による、川の氾濫や土砂崩れは、 各地に、生々しい爪痕を、残していった。 当地にも少なからず、被害をもたらしたが、 人的被害が無く何よりだったが・・・。 死者・行方不明者の方、そのご家族のことを思うと胸が痛い。 昨日、今日と憎らしいほどの快晴だ。 つれあいは、早速、 朝熊ケ岳に「偵察に行ってく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵画展を見に鳥羽へ

「山」仲間であり、「はな」仲間でもある友が、長年の夢である絵画展を催した。 場所は、隣の市 鳥羽の、イオンの催事場。 山が好きで彼方此方出かけ、外国にも遠征する彼女らしく、 山の風景が多い。 「尾瀬」 「朝熊ケ岳」 「蘭」 「大台ケ原」 「ネパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の晴れ間に

毎年の事ながら、梅雨どきは気鬱になる。 こんなときは外の空気を吸うのが一番いい。 と、出かけた先は 私の好きな、ささゆりが咲く場所だ。 昨年は五月末が見ごろだったが・・・・・ ガンピ トラノオ ユキノシタ おまけ 昨年はいたる所に咲いて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

荒滝のつつじ

松阪市飯高の荒滝不動尊のつつじが、見ごろだと聞いたので 出かけた。 奥宮はこの突き当たりらしい。 途中にはこの宮の名がついた滝もあるという。 時間はたつぷり有るので、奥の院まであしをのばす。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三椏の里散策

四月三日 先日、新聞で紹介していた亀山の「坂本の棚田」を訪ねた。 棚田の休耕田に植えられた三椏が見ごろだそうだ。 四、五年前、野登山を歩いたとき、序でに棚田を覘いたが、 季節が違ったので三椏は気づかなかった。 穏やかな一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高束山

桜に誘われ美杉に出かけた。 ダム湖畔を廻っていたが、高束山に登れば、 ダムの全貌が見られるのではないかと、登ったが、 全く見ることが出来なかった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君ケ野ダム湖畔の桜・さくら・サクラ

花見。 毎年近場で済ませてしまうのだが、 今年は少し足を伸ばして、 美杉嬉野の君ケ野ダムまで出かけた。 日曜日とあって人出が多い。が 幸いにも駐車場に止めることが出来た。 地元、宮川の桜も素晴らしいが、 ここ君ガ野の桜は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡路島必死の脱出

昨14日 三重交通が催行するバスハイクを利用して、淡路島を訪れた。 バスハイクは現地に着くと、渡されたコース表で、 自由に、自分のペースで回れば良いので、以前は良く利用していた。 久しぶりの参加だった。 低気圧が押し寄せており、午後から雪又は雨という予報だったが、 9時過ぎ、鈴鹿峠を越えたころはう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が街に雪降る

三重県の南部に位置する温暖な我が街は、滅多に雪は降らない。 昨日から、雪の予報は出てはいたが、なんと本当に雪が降った。 否、降ったのではなく降っているのだ。 今年は、北国では雪が多く、 難渋しているのを、気の毒に思っていたが、 幻想的なダークな空から降りてくる雪の中に立つと、 子供のように心が躍る。 朝、雨戸を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more