テーマ:

横輪さくら

4月8日(火) 平家落人伝説の里を訪ねた。 この里の桜は横輪桜と言い、横輪町のみに存在することから、このように呼ばれている。 今から約150年前に桂林寺にあったものを、村人が各家に持ち帰り、増やしたものとされている。 他の桜との相違点はおしべが変化し、花びらになり、開花とおなじくして葉も付き始める。 開花時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月11日

あの日から2年過ぎた。 苦難の日々を歩きながら、生きる喜び、少しは感じられるようになっただろうか。 生きていることが、嬉しいと感じる日が早く来るといいね。 祈りを込めて、今日の詩に、 アンパンマンのマーチほ選んだ。  そうだ うれしいんだ 生きる喜び  たとえ 胸の傷が いたんでも  なんの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩集ー呼び水

10月8日 今月2日、桑名の堀川さんより詩集戴く。 彼女の第一詩集だ。 おめでとうございます。 今日、津でお会いした。 楽しく会食して、PM8時家に戻った。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

詩集

「標本屋A」 岡本はなさんから詩集を送って戴いた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

揺れた?

9日未明、もう寝なきゃと本から目を離したとき、 揺れてる。 揺れてる。 急いで時計を見る。 12時38分(わたしン家の時計は正確ではないが)。 昨日山行きだった相棒はよく寝ている。起こさずに私も寝たが、 怖くて眠れない。 2時間ぐらい寝返りを打っていた・・・。 あれっ! 今朝(1月9日)の新聞に載って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てふてふが

アサギマダラか゜飛び交う季節になった。 海を渡る蝶として、知られているこのアサギマダラが、 当地、朝熊ケ岳500メートル付近の花の上で、 羽を休める姿を見ることが出来る。 成虫は春から夏にかけて、 南(南西諸島・台湾)から北(信州・東北地方)へ移動し、 移動先で世代を重ねた後、秋10月頃南を目指す、健気な奴だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶり近鉄でお出かけ

1月22日 仲間の集いが松阪で有り、久しぶり近鉄で出かけた。 開会14時から、 15.30から詩人田中国男氏の講演、 17時から懇親会と言うことで、飲まないが車での参加は止めた。 松阪の駅前も、伊勢同様、駅に隣接したデパートが撤退し、 商店街もシャッターを下ろした店が点々とある。 会場は地元では有名な、 老舗和菓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村井一朗氏より「葦」第32号・詩小説7を頂く。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

影踏み・縄・かごめかごめ

こどもの遊びから。 影踏み 地球の 少し歪んだ処から 影が広がり 影踏みをしていた 少女らが消えた 少女らは まだ 影の中で 影踏みをしていたに違いないが おとなの目には見えない 沈む日に背を向けて おとなたちは 少女らをのみこんだ影の部分に 有刺鉄線を張りめぐらし キケン と 書いた板…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

郷土が生んだ国際前衛詩人の碑 (北園克衛)

伊勢からも全国的な詩人がけっこう出ている。 北園克衛・岩本修蔵・森美千代・伊良子清白・竹内浩三等々・・・・・ 赤福の八朔餠に並びに行き、帰りに北園克衛の詩碑を写してきた。 場所は、国道23号線、内宮寄りに建っている。 ほとんどの地元の人も知らない。 シンプルでモダンなデザインだ。 BLUE  (抄)  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金曜日

金曜日はお隣さんの、別居しているお孫さんのお泊まり日だ。 お婆ちゃまは、「上の子は甘いものが好きで、下の子は辛いものが好きで・・・」と孫さんの好物作りにいそがしい。 多分、街中のマンションに住んでいるのだろう。 孫さん達は来るとすぐ公園に走って行く。 子供の声が、公園に響くのはいいものだ。 公園     …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公園

我が家の前に公園がある。 的場公園という正式な名前があるが、汽車公園でとおっている。 ブランコ・すべり台・シーソー・鉄棒、そしてセメントで造った汽車が真ん中に座っているだけの小さな公園だ。 最近子供たちが遊んでいるのを見ない。公園を利用するのは学校帰りの中学生。河川工事のオジサンたちの昼食場所として。そして私。 誰もいな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more