テーマ:見る

内宮遷御 神様のお引越し

10月2日(水) 平成Ⅰ7年山口際から始まった第62回式年遷宮も、いよいよ大詰めになった。 Ⅰ300年以上の歴史を持つ神事は今夜クライマックスを迎える。 今日は内宮で新しい正殿にご神体をうつす遷御が営まれる。 外宮(豊受大神宮)は5日夜、同様に遷御が行われる。 20年間慣れ親しんだ現正殿にお別れに出かけた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名残の紅葉とおもったが

12月9日 この秋は、心荒ぶる事が起こり、紅葉を見る気もおこらなかった。 冬に入り身もこころも、寒い。 これではいけない、と、 ふらり、車を走らせた。 名残の紅葉でも、と、思っていたが、何といすず公園も内宮の苑内も、 紅葉真っ盛り。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すすきの穂もほどけ始め曽爾高原

10月4日(火) 銀色のすすきには、まだ早いが曽爾高原に出かけた。 曽爾高原には過去四回訪れている。 前回は一昨年の九月、団体旅行の客の一人として、 天気が悪かった事だけの思い出だけしか残っていない。 その前は、06年11月23日、 中太郎~西浦峠~三ツ岩~倶留尊山頂~二本ボソ~亀山~亀山峠~中太郎 の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢神宮の宝物

静寂を求めて神宮に出かけるのだが、いつも賑わっている。 最近はこのような光景もよく見られる。 パワースポットと言うらしいが・・・・・。 これはまだ可愛い。焚き火のように手をかざしている者もいる。 人ごみを避けて、巨樹廻りをするのもおもしろい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雅に、伊勢神宮秋季神楽祭

九月二十二日~二十四日、恒例の神宮神楽祭が 内宮神苑特設舞台で、 雅に、華やかに催された。 『神宮の神楽祭は、天照大御神の御神徳を宣揚し、 併せて雅楽を広く一般に公開する目的をもって、年に二回、 春と秋に行っています。(神宮舞楽解説による)』 振鉾(えんぶ) 『舞楽にあたり初めに奏されます。 振鉾は古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵画展を見に鳥羽へ

「山」仲間であり、「はな」仲間でもある友が、長年の夢である絵画展を催した。 場所は、隣の市 鳥羽の、イオンの催事場。 山が好きで彼方此方出かけ、外国にも遠征する彼女らしく、 山の風景が多い。 「尾瀬」 「朝熊ケ岳」 「蘭」 「大台ケ原」 「ネパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山の辺の道 桜井~天理

10月14日(水)  山の辺の道桜井~天理間約17キロを歩いた。 天理教教会を見学しながら、駅に向かう。 午後4時、天理駅に到着…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだ時差ボケが直らない

九月二十日から九月三十日まで オーストリァに行ってきた 記念すべき10回目の海外だ。 あれもしたい。これも見たい。お土産だ。と毎回忙しいので、 今回はゆっくり出来る様に、オーストリァ・チロル州に地域限定したのだが、 疲れた。 年の性にしたくは無いが・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ササユリ

私の好きなササユリの季節になった。 二週間前に出かけた時は、まだかたい蕾みだった。 もう笑っているだろうか。 お天気は良くないが出かけることにした。 ハンカイソウ アザミ まだまだ楽しめそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都へ

恒例の京都行きだ。 お寺へ出かけ、おはなを見てきたのだが お寺巡りでもお花見(さくら)でもない。 烏丸六角にある六角堂頂法寺(西国十八番霊場)のおはな見である。 六角堂頂法寺=いけばな池坊 「いけばな池坊」の総本山、京都池坊会館で 4月10日~13日まで池坊中央研修学院際2009が開催されている。 頂法寺 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桧尻川をさかのぼって

我が家の二階の窓から花見が出来る。 この川の上流に日赤が移転してくることになった。 それに伴い右岸に道路が着くことになった。 川巾が倍に広げられ、巾2メートル余の土手が、 普通車がすれ違えるような立派な道路になった。 が、今のところここまで。 立ち退きを拒んでいる家が有り、工事は止まってしまった。 ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんなことも

さくらの下でこんなことも。 若い人たちは当然、子どもたちも楽しそうに舞っていた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さくら便り

日本さくらの会の「さくら100選」に選定されている、宮川堤のさくら見物に出かけた。 さくらの下では、 このような花も一生懸命咲いていた。 昨年より色が薄いように感じたが、 うす曇りの天気のせいだろうか。 それとも樹が弱ってきているのか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜・さくら・サクラ

日本人は桜が好きだと云われている。平均的日本人のわたしも例にもれない。 さくらのきらいな人もいるだろうが、わたしの友達、 さくらそのものより散ったさくらが嫌らしい。 掃いても掃いても際限なく散るさくら。 風が吹けば舞うさくら。 雨が降れば地にへばり付くさくら。 桜並木に面した彼女の家の玄関は踏まれた花びらが一面。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おひなさまめぐりin二見

ぽかぽか陽気の日曜日、 夫婦岩で有名な二見で、”おひなさまめぐりin二見”が、 2月4日から~3月8日まで開催されているので出かけた。 二見町の町おこしの一環にと町の人達が四、五年前に始めたおひなさままつりも、 テレビや新聞で紹介され普段は閑散とした町の商店街が、 今日は結構な賑いを見せている。 商店街の各店が、思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池坊展(花展)

池坊花展を見学に出かけた。 場所は京都池坊会館、烏丸・六角にある。 年配の方には、西国十八番霊場、六角堂頂法寺と言う方がわかりやすい。 早い話、池坊は六角堂頂法寺の住職が家元を務めているのだ。 今日は遊びでこの様な花があった。 これはバスの中で、夕食に頂い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セピアな街

河崎を歩いた。 古本屋 居酒屋 蔵を利用 美容室 喫茶店 隣町の若い衆ががんばっている。 が、今のところ「点」だからどうしょうもない。 「線」になればいいのだが。 古い家は使い勝手が悪く修理にもお金がかかるそうだ。 それならばと改装よりも新築を選ぶらしい。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真展

昨日、今日と暑い日が続いている。 避暑のつもりで、写真展を開催しているデパートに出かけた。 少し遠いが電車に乗るのも、たまには楽しい。 約一時間、目的地の駅に立つ。 最近はどこの駅前も閑散として寂しい。 駅から2、3分の処、2階のかなり広い一角に 「鈴鹿山脉・四季写真展」と銘打って会場はあった。 この写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more