テーマ:読む

詩集

「標本屋A」 岡本はなさんから詩集を送って戴いた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶり近鉄でお出かけ

1月22日 仲間の集いが松阪で有り、久しぶり近鉄で出かけた。 開会14時から、 15.30から詩人田中国男氏の講演、 17時から懇親会と言うことで、飲まないが車での参加は止めた。 松阪の駅前も、伊勢同様、駅に隣接したデパートが撤退し、 商店街もシャッターを下ろした店が点々とある。 会場は地元では有名な、 老舗和菓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迎 春

あけましておめでとうございます。 今まで、控えめに受身の形で生きてきたが、 今年からは強く生きてゆく。 今まで、ゆつくり生きてきたが、 少々、歩を早めて。 決意するのに遅いと云うことはないだろう。 今日の詩は 昨年、注目を集めた99歳の詩人 柴田トヨさんの詩集「くじけないで」より 秘密 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村井一朗氏より「葦」第32号・詩小説7を頂く。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の詩集

ブッシュさんのコップ (視点社) くにさだきみ くにさださんが、15冊目の詩集を出版された。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

郷土が生んだ国際前衛詩人の碑 (北園克衛)

伊勢からも全国的な詩人がけっこう出ている。 北園克衛・岩本修蔵・森美千代・伊良子清白・竹内浩三等々・・・・・ 赤福の八朔餠に並びに行き、帰りに北園克衛の詩碑を写してきた。 場所は、国道23号線、内宮寄りに建っている。 ほとんどの地元の人も知らない。 シンプルでモダンなデザインだ。 BLUE  (抄)  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の詩集・詩誌

洞口英夫(思潮社) 闇のなかの黒い流れ 大西正樹(草子舎) イン・ザ・プール 葦29号(葦工房) 村井一朗 Mさんより葦29号いただく。 今日は他のことで忙しかったのでまだページを開いていないが、毎回シリーズ物の高校生四人集と清水信氏のエッセイがたのしみだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星明りの村

最近、知人がおもしろい本を出した。 題名も内容も製本も美しい。 本の名は「星明りの村」、副題に「フランス・ロマネスク聖堂紀行」とある。 「はじめに」で彼がこの本を書いた動機が書かれている。一部を引用させてもらう。  四国八十八箇所巡りや、西国三十三観音巡りをやっていて、先人の作ってくれた札所巡りもいいが、自分だけの霊場を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more