テーマ:山歩き

朝熊ガ岳

5月13日(日) 今日は電車で出勤だ。 キタゾノの生家の前を通って。 今は、住む人はいないが、きれいに保存されている。 千躰地蔵堂 お堂の中には 地上の白い花は可憐に 地下の根はこの可憐さを支えるために 暗闇の中を深く這う みみずや螻蛅や腐食したものを しっか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近くの山へ

5月10日(木) 今日もよろしくと、 何時もの通り、赤帽の地蔵さんに挨拶をして。 八大さんの桜は美しい姿をしている。 一度満開のところを見たいのだが、 今年も咲いている桜を見ることができなかった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三郷山

8日(日曜日)「ロマンの森」三郷山を歩いた。 浦口町町有林だが、 市民の健康と憩いの場として整備して伊勢市が管理している。 つどいの広場・ふれあいの広場など、 四つの広場を結ぶコースが有り、 舗装路と自然を生かした土道が有る。 広場には東屋や展望台等もあり伊勢市の街を一望できる。 サクラ(山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野登山

3月28日 林の中は一面のミツマタだが、蕾固しだ。 開花に、あと一週間はかかりそうだ。 陽の当たるところは開きかけている。 痩せ尾根に乗る。 厳しいアップアップのあとの激降り。 写真に撮ればたいした坂には見えないが。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝熊ガ岳の春は何処まで

朝熊山の春告げ花ミスミソウの状況を見に行ってきた。 昨日の温かさは何処へいったのか、 今日は肌寒く風も有る。 今年も何時ものところに咲いていたが、 寒さのあまり皆しぼんでいた。 山頂も寒い。 早々に退散です。 日を改めて。 蕾もたくさん有、まだまだ楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪の朝熊ガ岳

連れ合いが、南の方へ、まったり山行に行こうという。 今の時期雪でしょうと言いたいが、 私の実力、三峰と高見しか行けないのだ。 と言う事で、海の見える南の山に行くことになった。 1月17日 朝、雨戸を開けると朝熊山(私達伊勢人は朝熊ガ岳とは言わない。)が、 白くけぶっている。 雪の朝熊山なんて一年に一度有るか無しかだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初登りは朝熊山

1月6日 最近は、出かけるのが億劫に感じる。 年のせいにしたくはないが。 思い切って、朝熊山。 すれ違う人も無く、登山道はひっそりと。 皆、神宮の方へ出かけているのだろうか。 朝熊峠から 八大さんで折り返しのつもりだったが、 金剛證寺にお参りして、帰途についた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

縞枯れ山(2403m)~茶臼山(2383m)

一ヶ月遅れのレポは鮮度感がないが、 日記代わりに(日記にもなっていないが)記しておこう。 10月27日 昨日は松本市崖の湯温泉の「薬師平茜宿」に宿泊し、 8時半に宿を出たのだが、塩尻の街中で早朝火事があり、 火は消えていたが通行規制にあう。 お蔭で出発が大幅に遅れてしまった。 昨日は、山頂まで車を乗り入れ、 高原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高ボッチ~鉢伏山

10月26日から28日恒例の信州にでかけた。 自宅を早く出て、午後から一山歩く予定と言う。 6月のレンゲツジ、7月のニッコウキスゲは有名だが、 高ボッチ・鉢伏山は高原だ。 しかもスカイラインを走ると聞いていたのに、 まるで林道だ。 そのスカイライン、山頂まで続いていると言う。 紅葉は見られない、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すすきの穂もほどけ始め曽爾高原

10月4日(火) 銀色のすすきには、まだ早いが曽爾高原に出かけた。 曽爾高原には過去四回訪れている。 前回は一昨年の九月、団体旅行の客の一人として、 天気が悪かった事だけの思い出だけしか残っていない。 その前は、06年11月23日、 中太郎~西浦峠~三ツ岩~倶留尊山頂~二本ボソ~亀山~亀山峠~中太郎 の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高束山

桜に誘われ美杉に出かけた。 ダム湖畔を廻っていたが、高束山に登れば、 ダムの全貌が見られるのではないかと、登ったが、 全く見ることが出来なかった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薫風そよぐブナの尾根

三峰山(1235.4)~平倉峰(1222) 三峰山のシロヤシオの季節になった。 昨年、5月26日訪ねた時は残花だった。 今年は少し早めにと、22日(土)出かけた。 今日は、福本登山口~八丁平~三峰山頂~平倉峰往復の予定。 登山口に9時20分到着、すでに三台止まっている。 整備された飯高北奥林道が標高800…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝熊ケ岳  宇治道から

「今年のジングウツツジはどう?」 と、いうTELがあった。 宇治道、だらだらと長いので好きではないが一寸見てこよう。 この道意外と花が多い。 ちんたら歩きに丁度よい。 お尋ねの花 蕾硬し二十日過ぎが見ごろでしょうか。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大文字山

四月七日(水) 京都大文字山に出かけた。 「五山の送り火」で最も雄大な大の字が点火される山だ。 大文字山への登山ルートはいろいろ有るが、今日は花見をかねてなので、 インクラインの桜のトンネルを歩き、日向大神宮に向かった。 日向大神宮 京都日向神社には「外宮」「内宮」がありその奥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒岩橋コースで朝熊山へ

3月30日(火) 今月2回目の朝熊山だ。 前回14日(日)は二瀬橋から登ったので、今日はもう一つ奥(鳥羽より)の黒岩橋から行くことにした。 県道鳥羽松阪線(37)沿いにある登山口近くに車を置く。 登山口は、近鉄線ガード下の「伊勢フライトパーク」の看板が目印だ。 ガードをくぐると直ぐ二又になる。 左「伊勢フライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虎御前山(224m)

1月13日 会で、干支の山ということで、滋賀県北部の虎御前山に出かけた。 トンネルをくぐる毎に雪が多くなる。 伊勢を出て2時間余りなのにこの不思議。 虎御前山はきっと雪だ。 小谷山~虎御前山と歩く予定であった。 借りたバスの運転手が雪道に慣れないうえ、 高速を降りてから小谷山の登山口までの道探しに う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五知から朝熊詣で

1月10日  いそべ岳道を歩いた。 志摩地方からの岳道は、五知駅から始まる。 このコースは、昔の志摩地方一円の人々の参詣道だった。 駅から登山口までが遠い。 五知の町を抜け、みかん畑を越えやっと登山口にたどり着く。 掘割の急坂をあえぎあえぎ登る。 朝熊岳道と同様、町石地蔵が迎え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初登りは何所へ

初登りは何所へ? 迷った挙句、道路事情を考慮し「伊勢の槍ヶ岳」といわれる 局ガ岳(1028.8m)にした。 近くはないが遠くでもない。 ゆっくりと家を出ることが出来る。 朝8時、昨日よりましだが、今日も外の空気は冷たい。 1時間30分で登山口の局ガ岳神社駐車場に着いた。 椿の滝コース~旧道周回コースの予定だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝熊山(555m)

二日、久しぶりに朝熊に出かけた。 蓋瀬橋から登ることにする。 川沿いの紅葉が見ごろだ。 登山口まで約20分を楽しませてくれる。 橋を渡りすぐ右折、道が荒れている。 それを過ぎると背丈ほどの羊歯のブッシュだ。 やっと其処を通過し沢を渡れば、しばらく穏やかな杉林の中を行く。 岩場を通過し、三叉路に出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音無山

九月六日 久しぶりに音無山を歩いた。 二見町民の山と聞いていたが、 花の多い春と違い、夏はあまり歩いていないようだ。 草が生い茂り歩きにくい。 降りてから、盗人萩とダニを取り払うのが大変だった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三峰山~平倉峰 

三峰山に出かけた。 今月2回目だ。 前回訪れた時はまだ堅い蕾だったシロヤシオだが、 三週間もたってしまった今、あまり期待はできないだろう。 今日は花見コースと云う事で、 月出登山口~三峰山頂~平倉峰~八丁平~ゆりわれ登山口へ下山 新道峠 馬頭観音 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石楠花には間に合わず 猪ノ鼻ガ岳(508.1m)

石楠花で有名な猪ノ鼻ガ岳に出かけた。 国道477を挟んで棉向山と対峙している。 鈴鹿山脈を越えると遠くに来たという感がする。 蔵王ダムを過ぎ日野町音羽の集落を抜け、 鎌掛峠に向かう。 鎌掛峠から宝殿林道を使う道もあるらしいが、 今日は音羽城跡から出発の予定だ。 車を下山予定の゛森の家゛駐車場へ。 開花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池の浦堅神~朝熊山(555m)

5月13日(水) 未明の雨も止み、快晴8時、 素早く山支度をして駅に向かう。 今日は、二見、池の浦堅神から朝熊山へ上がる予定だ。 この道も丁石地蔵が山道で迎えてくれるが、 朝熊岳道のようにはそろっていない。 近鉄のガードを潜って登山道へ。 山頂公園のツツジはまだ大丈夫だろうか。 これも今日の、お楽しみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三峰山 シロヤシオは何処に

5月10日(日)少し早いかと思いながらシロヤシオのようすを見に行った。 花の道、ゆりわれコースから登る。 ぶな林の、 グリーンシャワーを浴びて平倉峰へ。 今日会った花々 やはり早すぎた。 蕾、爪ほども膨らんでいなかった。 後、2週間ぐらいか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GWは一人静かに 音無山

5月3日(日)人混みを避けて音無山を歩いた。 誰にも会わなかった。 皆、遠出をしているのだろうか。 花は蕾かたく・・・ 華麗に・・・ 可憐に・・・ 樹は緑淡く・・・ この山、かくれ花の山だ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音無山 は大賑わい

4月8日、音無山を歩いた。 頂上には、新学期の始った地元の小学生が先生に引率されて上がっていた。 狭い山頂にあふれている。 150名程。 可愛い。 3.4年生合同だそうだ。 「遠足?」とたずねたら「勉強」と答えてくれたが・・・ つり橋もある。 椿。桜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雛につられて 音無山(119.8m)

三月一日、二見町の音無山を歩いた。 幼いころ、この街は伊勢志摩地方の、観光のメッカだつた。 それが今は訪れる観光客も無く、商店街は半分シャッターを下ろしている。 そんな街中を、足早に登山口へと急いだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三峰山(1235.4m) 冬はいずこへ

地元の山歩きの仲間たちが企画した、 三峰山山行に誘われた。 三峰山は好きな山だ。 春の芽吹き、初夏の花、秋の花、冬の霧氷。 高さの割に、手軽に山頂に立つことが出来、素晴らしい四季を感受できる。 今年の霧氷見物は何処も不発に終わっている。 幸いに日曜日の予定はない。 今季最後の望みを託して2月22日、バスに乗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤原岳(1140m) 花の便りがちらほらと

まだまだ雪の中で深い眠りについている筈の、 花の噂が聞こえてくる。 藤原岳、鈴鹿SMの一つとして親しまれているこの山は、花の山としても有名だ。 雪解けで泥田のようになった登山道を、 ぞろぞろと歩くのを覚悟しなければならないが、 3月中旬から4月上旬にかけて、花を求めて沢山のハイカーが訪れる。 空から見ればその様はまさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more