横輪さくら

4月8日(火) 平家落人伝説の里を訪ねた。 この里の桜は横輪桜と言い、横輪町のみに存在することから、このように呼ばれている。 今から約150年前に桂林寺にあったものを、村人が各家に持ち帰り、増やしたものとされている。 他の桜との相違点はおしべが変化し、花びらになり、開花とおなじくして葉も付き始める。 開花時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桧尻川の桜

4月3日(木) 恒例の桧尻川畔の桜、今年は少し遅い。 昨年は3月30日に出かけたのに。 明日は雨になると言っていた。雲が重いがカメラを持って出る。 近隣の人が植えたのだろう桜に負けじと咲き誇っていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

珍布峠(めずらし峠)

春谷寺の桜を満喫。 さて次はどこへ。 飯高と云えば温泉だが一時半では早すぎる。 局は無理だ。 ということで珍布峠を歩くことにした。 飯高道の駅でマップを戴きでかける。 道行谷に架かる道行橋 吉野を逃れた源義経と静御前も通ったというが、真偽のほどは定かではない。 珍布峠 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粥見春谷寺の桜

3月31日(月) 松阪市飯高町向粥見の、春谷寺のさくらが満開と聞いて昼から出かけた。 飯南高校の手前を左折、櫛田川を渡ると「春谷寺」の道案内が出てくる。 まだずっと先のはずだが道に車があふれている。上に駐車場があるはずだが・・・。 空いているわずかなスペースに車を入れ、ゆるゆると坂道を上がっていくと、程なく春谷寺に着…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩

11月9日 2週間まえ不名誉の負傷をした。 痛みがなくなったので、休んでいた朝サンに出かけた。 手が冷たい。 たった2週間だが気温と日の出が随分変化している。 日の出前 朝熊山 川に写るアパート 6時25分頃太陽が出てきた。 1時間20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロアチア・スロヴェニア・ドロミテ山群ハイキング(8)・・・ドライチンネン一周

7月1日(月) いよいよ今回の旅の最終目的地のドライチンネン一周の日になった。 今日もついてる。上天気だ。 ベランダに出ると支配人自ら、窓を飾る花の手入れをしている。 こうして美しい景観は保たれているのだろう。 ベランダからの風景。このホテルは町の中心に位置している。 どの方角を眺めても、後ろに雄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四歩

散歩では物足らなかったので一歩たしてあちこち歩いて来た。 盛りは過ぎていたが曼珠沙華がまだうつくしかった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内宮遷御 神様のお引越し

10月2日(水) 平成Ⅰ7年山口際から始まった第62回式年遷宮も、いよいよ大詰めになった。 Ⅰ300年以上の歴史を持つ神事は今夜クライマックスを迎える。 今日は内宮で新しい正殿にご神体をうつす遷御が営まれる。 外宮(豊受大神宮)は5日夜、同様に遷御が行われる。 20年間慣れ親しんだ現正殿にお別れに出かけた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロアチア・スロヴェニア・ドロミテ山群ハイキング(7)移動日チョット道草

6月30日(日) グロースグロックナー展望ハイキング 今日は移動日だ。 3日間滞在したホテル、居心地が良いのでもう少し滞在したいがツアー旅行ではそうもいかない。 今夜の宿泊は、イタリアのコルチナ。 わたしの初めてのヨーロッパ旅行がイタリア・スイスだった。その第一日目が奇しくもコルチナだった。 12年も前のことで殆んど覚え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「お白石持ち」舞台は外宮へ

お盆が過ぎ、中休みをしていた「お白石持行事」が舞台を外宮へ移し始まった。 8月17日から9月1日まで、金・土・日の予定で行われる。 17日・18日両日は川曳き地区が、ソリを用いて陸曳だ。 尾上町の小田橋を出発し、祖霊社の角を曲がり、御木本道路、外宮に至る、1㎞を奉曳する。 道路をソリで曳くのは大変だろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロアチア・スロヴェニア・ドロミテ山群ハイキング(6)・・・スレメノバ・スピッツァ山

6月29日(土) スレメノバ・スピッツァ山(1,911m) 今日もユリアンアルプスの山懐に抱かれた、トリグラウ国立公園の自然を楽しむ予定だ。 まずお天気チェック。 ベランダに出ると、両隣から「遅いよ 」の声。 今日は、岸壁に囲まれたヴァルシチ峠(1,620m)へ。 やや急な斜面から展望の良い緩やかな草原帯…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

暑い熱い一日「お白石持ち」

7月28日(日) 第六十二回神宮式年遷宮 遷御の儀が10月行われる。 平成18年・19年のご用材を奉曳する「お木曳行事」に始まり、今夏、御敷地にお白石を奉献する「お白石持行事」を伊勢の民俗行事として、町をあげて行われる。 神宮式年遷宮とは、20年に一度、遷御の儀をもって新座へ神様がお遷りされる大きな行事です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロアチア・スロヴェニア・ドロミテ山群ハイキング(5)・・・ゴリツァ山

6月28日(金) ゴリツァ山(1835m) 今日からいよいよハイキングになる。 気になる天気は?とカーテンを開ける。アーァ重たい気分・・・。 ツアー会社の「旅のしおり」によれば、 "トリグラウ国立公園の東に位置するカセヴァンケ山脈の山麓登山口(1390m)へ。 森林帯、草原帯を登りゴリツァ山に登頂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロアチア・スロヴェニア・ドロミテ山群ハイキング(4)・・・ボストイナ鍾乳洞

6月27日(木) 今日はクロアチア国境を越え、スロヴェニア、ブレッド近郊のクランスカゴラへ、 途中ヨーロッパ最大級の地底の迷宮ポストイナ鍾乳洞を訪ねる。   (ブリリアントと呼ばれ、ポストイナ鍾乳洞のシンボルになっている。) 旅に出て、一番気になるのはお天気だ。 窓を開けて空を仰ぐ。まずまずのお天気にひと安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロアチア・スロヴェニア・ドロミテ山群ハイキング(3)・・・プリトヴィツェ湖群国立公園

6月26日(水) 今日は、世界遺産プリトヴィツェ湖群国立公園(1979年自然世界遺産に認定)へのハイキングだ。 港町リエカから車で2時間半、コバルトブルーのアドリア海を眺めながら、南下した。 《プリトヴィツェ湖群国立公園》 プリトヴィツェ湖群国立公園は、切り立った峡谷に大小16の湖と90以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロアチア・スロヴェニァ・ドロミテ山群ハイキング(2)・・・ザグレブ

6月24日(月)~6月25日(火) 欧州方面の出発時間は午前中が多いが、集合16時40分、午後の出発になっているので、 いつもの出発時の慌ただしさはない。 それでも我が家から中部空港は遠い。早めに昼食を取り家を出た。 今回、初めてカタール航空を利用する。 まず国内線で成田へ。ドーハで乗り換えクロアチアの首都ザグ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロアチア・スロヴェニア・ドロミテ山群ハイキング(1)

今年の春先は、異常に暖かく、各所で桜の開花が通年より早く訪れたが、 当地は例年どうりだった。 冬の寒い間は、奥様を決め込んでいたが、暖かい陽気になってくると、俄然外様になる。 昨年6月の「花のピレネー山麓ハイキング」旅行から帰った直後は、 年齢的にも、体力的にも限界かな?と思っていたが、 4月も中になると、旅のパンフレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白猪山

関西百名山のひとつ白猪山(819.7m)を久しぶりに歩いてきた。 堀坂山、局ガ岳とともに伊勢三山といわれ、かっては伊勢湾を往来する船乗りたちから、 航行の目印にされた山であったようだ。 白猪山は信仰登山の山であったといわれている。 伊勢の朝熊山と同様、各集落からそれぞれ道がついている。 南側から都・大城・矢下・夏明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

棚田訪ねて

三重県から、日本の棚田百選に三か所選ばれている。 野登り山の麓に位置する坂本の棚田(亀山市)。 白猪山の麓夏明地区の深野のだんだん田(松阪市)。 熊野古道の一部に組み込まれている、通り峠コースの丸山千枚田(紀和町)。 5月30日(木)、 白猪山南側の急斜面に広がる、深野のだんだん田を訪ねた。 細い坂道を登って行く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝熊山

5月5日(日) イズセンリョウも、山頂のサクラにも実が・・・サクランボたのしみ。 朝熊山では最近見ることがないササユリが、登山道わきのあちこちで、沢山保護されていた。 これなら採られることも、刈られることもないだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more