テーマ:自然現象

環天頂アーク (逆さ虹)の下、朝熊山へ

12月5日(水)出発前の午前9時、何気なく空を見ると虹が、 それも逆さ(環天頂アーク)に。 環天頂アークは大気光学現象の一種であり、 太陽の上方に離れた空に、 虹のような光の帯が現れる現象である。 環天頂弧、天頂環、天頂弧などとも呼ばれる。 またその形状が地平線に向かって凸型の虹に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more