テーマ:山歩き

クロアチア・スロヴェニア・ドロミテ山群ハイキング(8)・・・ドライチンネン一周

7月1日(月) いよいよ今回の旅の最終目的地のドライチンネン一周の日になった。 今日もついてる。上天気だ。 ベランダに出ると支配人自ら、窓を飾る花の手入れをしている。 こうして美しい景観は保たれているのだろう。 ベランダからの風景。このホテルは町の中心に位置している。 どの方角を眺めても、後ろに雄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロアチア・スロヴェニア・ドロミテ山群ハイキング(7)移動日チョット道草

6月30日(日) グロースグロックナー展望ハイキング 今日は移動日だ。 3日間滞在したホテル、居心地が良いのでもう少し滞在したいがツアー旅行ではそうもいかない。 今夜の宿泊は、イタリアのコルチナ。 わたしの初めてのヨーロッパ旅行がイタリア・スイスだった。その第一日目が奇しくもコルチナだった。 12年も前のことで殆んど覚え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロアチア・スロヴェニア・ドロミテ山群ハイキング(6)・・・スレメノバ・スピッツァ山

6月29日(土) スレメノバ・スピッツァ山(1,911m) 今日もユリアンアルプスの山懐に抱かれた、トリグラウ国立公園の自然を楽しむ予定だ。 まずお天気チェック。 ベランダに出ると、両隣から「遅いよ 」の声。 今日は、岸壁に囲まれたヴァルシチ峠(1,620m)へ。 やや急な斜面から展望の良い緩やかな草原帯…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

クロアチア・スロヴェニア・ドロミテ山群ハイキング(5)・・・ゴリツァ山

6月28日(金) ゴリツァ山(1835m) 今日からいよいよハイキングになる。 気になる天気は?とカーテンを開ける。アーァ重たい気分・・・。 ツアー会社の「旅のしおり」によれば、 "トリグラウ国立公園の東に位置するカセヴァンケ山脈の山麓登山口(1390m)へ。 森林帯、草原帯を登りゴリツァ山に登頂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロアチア・スロヴェニア・ドロミテ山群ハイキング(4)・・・ボストイナ鍾乳洞

6月27日(木) 今日はクロアチア国境を越え、スロヴェニア、ブレッド近郊のクランスカゴラへ、 途中ヨーロッパ最大級の地底の迷宮ポストイナ鍾乳洞を訪ねる。   (ブリリアントと呼ばれ、ポストイナ鍾乳洞のシンボルになっている。) 旅に出て、一番気になるのはお天気だ。 窓を開けて空を仰ぐ。まずまずのお天気にひと安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロアチア・スロヴェニア・ドロミテ山群ハイキング(3)・・・プリトヴィツェ湖群国立公園

6月26日(水) 今日は、世界遺産プリトヴィツェ湖群国立公園(1979年自然世界遺産に認定)へのハイキングだ。 港町リエカから車で2時間半、コバルトブルーのアドリア海を眺めながら、南下した。 《プリトヴィツェ湖群国立公園》 プリトヴィツェ湖群国立公園は、切り立った峡谷に大小16の湖と90以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロアチア・スロヴェニァ・ドロミテ山群ハイキング(2)・・・ザグレブ

6月24日(月)~6月25日(火) 欧州方面の出発時間は午前中が多いが、集合16時40分、午後の出発になっているので、 いつもの出発時の慌ただしさはない。 それでも我が家から中部空港は遠い。早めに昼食を取り家を出た。 今回、初めてカタール航空を利用する。 まず国内線で成田へ。ドーハで乗り換えクロアチアの首都ザグ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロアチア・スロヴェニア・ドロミテ山群ハイキング(1)

今年の春先は、異常に暖かく、各所で桜の開花が通年より早く訪れたが、 当地は例年どうりだった。 冬の寒い間は、奥様を決め込んでいたが、暖かい陽気になってくると、俄然外様になる。 昨年6月の「花のピレネー山麓ハイキング」旅行から帰った直後は、 年齢的にも、体力的にも限界かな?と思っていたが、 4月も中になると、旅のパンフレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白猪山

関西百名山のひとつ白猪山(819.7m)を久しぶりに歩いてきた。 堀坂山、局ガ岳とともに伊勢三山といわれ、かっては伊勢湾を往来する船乗りたちから、 航行の目印にされた山であったようだ。 白猪山は信仰登山の山であったといわれている。 伊勢の朝熊山と同様、各集落からそれぞれ道がついている。 南側から都・大城・矢下・夏明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝熊山

5月5日(日) イズセンリョウも、山頂のサクラにも実が・・・サクランボたのしみ。 朝熊山では最近見ることがないササユリが、登山道わきのあちこちで、沢山保護されていた。 これなら採られることも、刈られることもないだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒカゲツツジ咲く観音岳

4月16日(火) そろそろ松阪観音岳の、ヒカゲツツジの季節になってきたが、今年は花の咲くのがが早い。 昨年の記録を取り出してみると、4月25日となっている。 日曜日の夕食後それとなく、連れ合いにお伺いを立てると「じゃあ明後日」となった。 当日は快晴。その上昨日の寒さからは信じられない暖かい山日和になった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

志摩横山

4月3日 志摩横山(204m)  横山展望所より英虞湾を望む。 山仲間、志摩在住のHさんの案内で志摩横山を訪ねた。 荒れ模様と云う天気予報が外れ、青空がのぞく絶好のハイキング日和になった。 横山ビジターセンターで「横山自然観察マップ」を戴き、まず桜園へ。 今年の桜は大群のウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音無山

3月16日(土) 昨年3月5日、このような状態だった。 4月4日にもう一度出かけた時はもう花季は終わっていた。 今年は、と期待をしてでかけたが、莟も見つけられなかった。 山頂にはおなじみの(イセaoki)さん。最近は(中ちゃんず)さんもあちこちに。 やがて見苦しいものになる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝熊山にも春の兆し

3月6日(水) 近鉄線のトンネルをくぐり、今日は楠部道から登る。 ガート゜レールが見えてきた。 スカイラインを渡り登山道に入る。 ここを登りきると宇治道に合流する。 花芽の付きが良い。楽しみだ。 八大さんには行かず、下山。 今年の雪割草…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬は霧氷の三峰山(1235.4m)

1月31日(木) 三峰山には春夏秋冬、通っている。 春のシロヤシオ、夏のブナの深緑、秋の紅葉とススキ、冬の霧氷と、楽しめる。 又、コースには、危険な個所もなく、気軽に登れるので、いつも山頂は賑わっている。 この山、三重県・奈良県の県境に位置し、登山口も、 三重県側から三か所、奈良県側からも三か所ある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環天頂アーク (逆さ虹)の下、朝熊山へ

12月5日(水)出発前の午前9時、何気なく空を見ると虹が、 それも逆さ(環天頂アーク)に。 環天頂アークは大気光学現象の一種であり、 太陽の上方に離れた空に、 虹のような光の帯が現れる現象である。 環天頂弧、天頂環、天頂弧などとも呼ばれる。 またその形状が地平線に向かって凸型の虹に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

烏岳(545m)

12月2日(日) 6年ぶりに、飯南町粥見にある烏岳を訪ねた。 低山だが山頂からの、展望が良い。 コースは立梅(たつばい)~山頂~舟戸の予定 櫛田川にかかる赤い桜橋の手前で右折、県道745にはいる。 茶畑の中を走りほどなく烏岳の登山口に着く。 山頂から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝熊山

10月5日 気温は高いが、気配は秋。 "会えるかな"淡い期待を抱いて山に入る。 十町橋から二見方面 久しぶりに、大台町のY・Fさんに会った。 花ちゃんたちにも会えた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

錫杖カ゛岳(676m)

9月初め、布引山地の東南に位置する経ガ峰を歩いたので、 今回は同じ布引山地の北にある錫杖ガ岳に来た。 錫杖湖から望む錫杖ガ岳は美しい形をしている。 前回、加太駅~柚之木峠~山頂を使ったので、 今回は下之垣内東コース~山頂~下之垣内西コースを歩いた。 錫杖湖から5分も係らず、下之垣内集落に入る橋に着く。 橋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経ケ峰

9月7日(金) 伊勢と伊賀を分ける布引山地の東南に位置する経カ峰に登った。 平尾集落をぬけ細い林道を往く。駐車地までかなりの距離があった。 すでに10台ほどの車がいた。 駐車地の奥に「頂上まで約2.2㎞」と記された案内板があり、 狭いがコンクリート舗装の登山道があるが、 今日は車を止めた後ろの細い土道を往く予…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家より暑いよ国束山(414m)

8月28日 わたしの場合、予定をたてないで行ける山といえば、 朝熊山・国束山・音無山ぐらいか。 朝熊山は近年蛭が多い。音無山は飽きた。 そうだ、国束山に行こう。 と云うわけで6年ぶりの国束山行きになった。 柿畑を抜け、アスピア玉城(弘法温泉)を左に見て、高速道の下をくぐれば、 程なく弘法大師ゆかりの石が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピレネーを歩いて(6)

山歩きは昨日で終わり、今日はバルセロナ市内観光の予定だ。 さよならトルラ。 中世の面影を残しているアラゴン王国の古都、アインサで休憩。 城砦は丘の上に塀だけを残して有った。 眼下にマヨール広場が見える。遠くに目をやれば昨日まで歩いたピレネーが・・・。 マヨール広場に通ずる門。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピレネーを歩いて(5)番外編

トルラの街、朝と夜 この日は、ハイキングの出発時間が9時30分と遅かったので、 早朝のトルラの街を歩いた。 中世にタイムスリップしたような雰囲気を楽しんだ。 トルラでは2泊した。 2回とも夕食は近くのレストランに出向いた。 ここで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビレネーを歩いて(5)

6月7日(木) 《オルデサ渓谷ハイキング》 4日間フランス側の緩やかなピレネー高原ハイクを楽しんだ。 今日はスペイン側の渓谷ピレネーにアプローチする。 渓谷歩きの苦手な私は、出発前からヒヤヒヤだ。 ホテル周辺 私たちが宿泊したホテルは、古い教会の裏にあった。 トルラの街は山裾に静かに中世の面影を残し、美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピレネーを歩いて(4)

6月6日(金) 《ピック・デュ・ミディ・ドッソオ》 ピック・デュ・ミディ・ドッソオは、これまで歩いたピレネーの山々とは随分異なる印象を受けた。 空に向かって叫んでいるような、訴えているような。独特な山容だ。 移動日、今日の出発は早い。 8時集合。 バスは既にホテルの前で待機していた。 ツールドフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピレネーを歩いて(3)

6月5日(火) 《ビニュマール峰》 爽やかな朝を迎えた。 今日も快晴。 スケジュールは専用車でピレネー国立公園内の、 ポン・デスパーニュ(1,466m)ぺ、チェアリフト又は徒歩で、 ひと登りし、ハイキング開始。 ゆるやかな登り道を名峰ビニュマール峰(3,298m)の北壁を映すゴープ湖(1,725m)へ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピレネーを歩いて(2)

6月4日(月) 《ガバルニー大圏谷》 ピレネー山脈はフランスとスペインの国境線上に連なる山脈で、 東は地中海、西はビスケー湾まで全長430Kmに亘って、 3,000m級の山々が連なっている。 今日はその線上近くに位置するガバルニー大圏谷(シルク・ド・ガバルニー)へのハイキングだ。 昼食用のサンドイッチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピレネーを歩いて(1)

6月3日(日) トゥールーズは、フランスの南西部に位置する都市で、 エアバスやコンコルド等、航空宇宙産業など、 工業都市として発展を続けている大都市だが、 旧市街地は、ガロン川で採れるビンク色の粘土から、 作った赤レンガの、独特の建築物が多いことから、 「ばら色の都市」とよばれている。             《…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピレネーへ

ピレネー山脈ハイキングから帰ってきた。 久しぶりの遠出だった。 健康と天気は上々だつたので旅行は最高だったが、 帰ってきてからが大変だった。 まず洗濯と片づけ整理。何せ二人分だから1日2日で終わらない。 連れ合いは頼りにならない。 写真の整理と言って部屋に引きこもったまま、 食事の時だけ階下の居間に降りてくるだけ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風薫る五月の山は

5月18日(金) うざうざとした天気が続いていたが、金曜日は晴れとのこと。 長年の念願であったブナ清水を訪ねることにした。 05/11月と06/4月 朝明~ハライド~国見岳~根の平峠~朝明のコースで、 歩いている。 当時、ハライドには腰越峠経由だったが、 今は朝明から直行でハライドに道がついているらしいが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more